A:Music Studio Producer の導入

Music Studio Producer は統合型音楽制作ソフトで、フリー(無料)です。
MIDIシーケンサと、WAVEファイルのミキサ・エフェクタを兼ね備えています。
ほかにもいろいろな機能がありますが、とりあえず上の3つをよく使うと思います。

ではこのソフトをインストールしてみましょう。

まず、Music Studio Producer / Standard / Independence Downloadを開いて、
[Music Studio Producer]の項目の
[www.frieve.comからダウンロード]をクリックしてください。
するとソフトのダウンロードが始まります。
(ファイルのダウンロード先の場所は覚えておいてください。)

次に、インストールですが、詳しく説明したサイトがあったので
そちらをご覧になりながらやってみてください。→インストール「注意事項としては、」からを読んでください。

終わったら、またこのページに戻ってきてください。(笑)




うまくインストールできましたか?
(どうしてもうまく行かないときは、コメント欄に記入していただければ
 できる範囲でお答えします。状況をなるべく詳しくご記入ください。)

じゃ、起動してみましょうか。→起動 またさっきのサイト…。




うまく起動できましたか?
(どうしてもうまく行かないときは、以下同文)( ̄∇ ̄)

では環境設定を。→環境設定 またまたさっきのサイト!! この場を借りてお礼申し上げます。(タイミング悪すぎ…。)




とココまでやってみてようやく気付きましたが、
今まで使わせてもらってきたこのサイト MSP導入初心者支援サイトの上部のメニューを順番にやっていけばいいわけです!
(なんだ、始めっからこのサイトに飛ばせばよかったんじゃん! (^_^;))

では、続きの[サンプル再生]くらいまではやってみてください。

できる方は、[MIDIデバイス] [MIDI] [オーディオ] [音が出ない!] あたりまで
読んでいただけるといいと思います。

分からないことがあったら、[困った時]等を見てもらえるといいかと思います。

(どうしてもうまく行かないときは、以下同文。)(^^)






ちょっとは Music Studio Producer の雰囲気つかんでもらえましたでしょうか。


追記!----------------------------------------

ニコ動さんとこに、Music Studio Producer の使い方動画がありました。
分かりやすいです。



一時停止ボタンを使いながら見るといいでしょう。

※簡単にニコニコ動画無料会員になれますので、
 会員になってない人はこの機会になってみてはどうでしょう。

----------------------------------------------


さて、今度書く記事では、B:TiMidity++ の導入を取り上げます。
SoundFontを使って MIDI→WAV をやってくれるプレーヤーです。
お楽しみに!



【スポンサードリンク】


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。