D:ファイル形式変換ソフト(xrecode II)の導入

今回の無料DTM環境の仕上げに、
ファイル形式変換ソフトAudioEncoderを導入しましょう。

ファイル形式変換ソフトはいろいろありますが、
その中でも特に直感的に操作できるくらい使いやすかったのが
このAudioEncoderでした。

が、気が変わりました。
AudioEncoderの導入はややこしいため、xrecode IIを導入します。(笑)
ダウンロード・インストールは英語ですが、
たいして難しくないのでだれでもできると思います。

※AudioEncoderについては、一旦記事を書いてしまった後
 消すのがもったいなかったため、この記事の後ろの方に
 取消線表示にして残しておきました。
 どうしてもAudioEncoderをインストールしたい方は
 そちらをご覧ください。

以下は、xrecode II の導入方法です。

1.xrecode II のページへ行き、
  [Download]の[Full Setup version 1.0.0.19…]
  をダウンロードしてください。
  ※ version は変わってるかもです・・・。

2.ダウンロードしたファイルを実行してください。

3.[Next]を4回押します。
capt_001.jpg
capt_002.jpg
capt_003.jpg
capt_004.jpg

4.[Install]を押す
capt_005.jpg

5.[Finish]を押す
capt_006.jpg

6.すると xrecode II の起動が始まるので、そこで[日本語(JP)]を選択
capt_007.jpg

7.カウンターが0になったら1〜4のうち押せる状態のものを押す。
  (とりあえず「試用」することにしましょう。)
capt_008.jpg

8.これで xrecode II を使えるようになりました!


このAudioEncoderの導入方法について詳しく書いてあるサイトを見つけましたので、
そちらを参考にしながらインストールしてみてください。

 AudioEncoder

 ※ダウンロードリンク切れしてたので、こちらからダウンロードしてください。

このサイトでは、使い方についてもふれられていますので、
参考にしてみてください。



!!!!!! うまく動かない場合 !!!!!

●「.NET Framework 1.1」はインストールされていますか?

●MP3 形式へ変換する時にうまく行きませんか?
MP3形式への変換に必要な「lame_enc.dll」(確認コードを入力して[ダウンロード])
を「AudioEncoder.exe」のあるフォルダに入れておく必要があります。

※分からないことはコメントに書いて質問してくださいね。




これで、今回作ろうとしていた無料DTM環境が完成したことになります。

インストール、お疲れさまでした!

これでもう、音楽の世界はすべてあなたのものです!(意味不明…。)



次回からは、実際に曲を作成するときにこの環境を
どう使ったらいいかを書きたいと思います。



【スポンサードリンク】


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。