D:WAVEファイルからMP3,WMAへ変換する方法

さて、今回は、Timidity++で作ったWAVEファイルを
WMA形式やMP3形式に変換する方法を見ていきます。

以前の記事で導入方法について書いた「xrecode II」を使います。
(導入方法は、ファイル形式変換ソフトの導入をご覧ください。)

では、導入までは済んだとして、変換の仕方をみてみましょう。
ファイル形式の変換の仕方が載っているサイトがあります。こちらをご覧ください。

 xrecode II

 ※[基本設定]の1〜5・7・12を実行すれば、変換できます。
  6・8〜11は、分かる人は必要に応じて実行してみてください。

うまく変換できたでしょうか。
難しかった場合はどうぞご遠慮なくコメントを入れて下さい。

これで、このDTM環境の作り方は一通り終了しました。
今後も、DTMに役立つサイトを発見したら、
その都度紹介していきたいと思います。

それでは、皆さんもどうぞタダでできるDTMをお楽しみください!



【スポンサードリンク】


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。