用語「DTM音源」について

※この記事はDTMの初心者の方は読み飛ばしていただいて結構です。

DTM音源というと、こんなの を思い浮かべる方が多いことでしょう。
PCの外部にくっつけて使うやつですね。いわゆるハードです。

今回使う「SoundFont」は完全にソフトウェアであり、
形(ハード部分)があるわけではありません。
例えばxp付属のMIDI音源「SoundMAX Wavetable Synth」の
もうちょっと音がいいやつだと考えてもらうといいと思います。

それで、「SoundFont」はいわゆるソフトなので
一般的にはあまり「DTM音源」と呼ばれていないかもしれません。

ただし、Wikipediaに以下の記述があったので、
このサイトでは「SoundFont」も「DTM音源」と呼んでいます。
DTMで使用される目的で作られ、シーケンシャルデータを受信してMIDIデータを再生することに特化したものはDTM音源とも呼ばれる。

ハードかどうかということは関係なく、
シンセサイザーなら「DTM音源」と呼んでいいと解釈しました。
無理がありますかねえ…。(^_^;)(ご意見お待ちしてます。)

SoundFont の詳細は、こちら をご参照ください。

後々このサイトでも取り上げますが、SoundFontなら
自分の好きな音色をネット上で探してこれます。
(ただし利用規約がはっきりしてないものが多く、
 作品を配布するような場合には使えるものが限られます。)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

はじめに - このサイトについて

このサイトは、

無料のDTM音源SoundFontと 無料の統合型音楽制作ソフト Music Studio Producer を使って作曲・編曲しMIDI・WAVEを製作できる環境を作ってみよう。

というのが目的です。



それで、

 ●作曲・編曲・ミキシングの技法

 ●Music Studio Producer・Timidity++・SoundFont
  など各種ソフトの詳しい使い方

について知りたいという方にはあまり向かないサイトです。
そういったことについては他のサイトに当たってみてください。

ただ、上記のような、このサイトで説明しきれないことについては、
有益なサイトをその都度紹介していくつもりです。



このサイトでは、DTM初心者でも分かるような説明を
心がけたいと思っています。

このサイトの使い方は簡単で、この記事から読み始めて、
各ページ最後にあるリンクを辿って見ていくと
誰でも簡単に無料DTM環境を導入できるようになっています。



ぜひ皆さんもこのサイトを活用して、
DTMの楽しさを味わってください!

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。