LET THE RIVER RUN 歌ってみました

LET THE RIVER RUN(CARLY SIMON)歌いました。

こちらから聴けます。



この曲は、だいぶ最近になってから発掘しました。



高嶋さんが思い浮かんだので、

明らかにドラマ「HOTEL」を見たんですね。

(「高嶋 ホテル」で検索したらすぐ見つかりました。)

ということは20年前に聴いたということですね。

ストーリーなんて子供でしたから分かりませんでしたし、

ましてや覚えてはいないんですが、

なんだかすごく懐かしいんです。

コード進行もとても好きで

(ベースがCのまま上はC→F→Cってなるところ)

自分の中で大ヒットしてしまいました。

歌詞も韻の踏み方がすさまじくて、感動しました。

詩のスケールもハンパなく壮大です。



こう考えると、ドラマの主題曲に採用されるとアーティストさんもお得ですよね。

私の場合は20年という長い期間に渡って記憶に残ったわけですから。

毎回ドラマで繰り返し流れたので学習効果が大きかったのでしょう。^^;



今回は時間がないのでとりあえずオケ製作は諦めて、

テキトーなピアノ伴奏でなんとか歌おうと思いました。

結局録音に2時間、つぎはぎで2時間ぐらいかかってしまったので、

MIDIの伴奏を作った方がもしかしたら効率がよかったかもしれません。

でも、オケなんか作り始めると切りがなくなるんですよね〜。

ここが違う、あ、ここも違う、って。



それにしても、この前この曲を聴いてとても気に入ってしまって、

絶対歌いたいと思いました。

こんなに「どうしても今すぐ」歌いたくなった曲は初めてです。

鉄は熱いうちに打てって言うしなあなんて思いながら、

勢いで無理無理演奏してしまいました。



いつかオケも作ってみたい曲です。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

自己紹介

どうも、よしのりです。

DTM歴…… あれっ?何年だっけ…

2000年くらいにはもう始めてたんじゃないかな。

ということで、DTM歴もうすぐ10年です。



このサイトでやりたいことは、一文で言うとこういうことです。

無料のDTM音源SoundFontと 無料の統合型音楽制作ソフト Music Studio Producer を使って作曲・編曲しMIDI・WAVEを製作できる環境を作ってみよう。

※ボーカルを入れる人はマイクは準備しないとダメかもです。
 無理無理ヘッドホンをマイクにするのはちょっときついものがある。
 (o_ _)o ドテッ! なんとマニアックな…。




このやり方で音楽作ってる人はあんまりいないようです。

皆さん有料の音源を買って、有料の入力装置を買って、
有料のソフトを買ってから、作曲編曲に臨まれるようです。

一方僕の場合、趣味にあまり金掛けられない状況なので
こういう無料でできる方法を編み出してしまったわけです。

あとはパソコンと時間さえあれば作曲三昧です。
(僕には後者がないことが多いのだ。orz)




ぜひ一緒に無料でDTMの作曲編曲を楽しみましょう。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。